私の男 (文春文庫)

3.68
  • (472)
  • (716)
  • (562)
  • (192)
  • (56)
本棚登録 : 6008
レビュー : 764
著者 :
yukkyさん 小説   読み終わった 

レビューの多くにある気持ち悪さは感じなかった。ただ、この愛の形は情愛だとか近親相姦なんて簡単な言葉で片づけられる物ではないし、「私の男」というタイトルの意味や淳悟が働かなくなった本当の理由も含め、読後もやもやするものが残った。

淳悟にとって花は「血の人形」だと言う。
姿は違っても母であり、娘であり、自分の分身であり、身体の中を脈略と流れる血はひとつ。花は血そのものなのだ。もしかしたら花の身体の奥で繋がった時にこそ、心から血を感じる事が出来るのかもしれない。

一方で花にとって淳悟は父であり恋人。
庇護してくれる父であり、たった一人の真の家族であり、甘えさせ、優しさで包んで、守り守られるべき恋人でもある。二人がひとつになることは自然の成り行きで、淳悟の求めに応えることで花は愛を確認できたに違いない。淳悟は花が愛するたったひとりの男なのだから。

しかし子はいつか親離れし、恋には終わりがある。
いびつな形とはいえ、花は肉親からのじゅうぶんな愛に育まれて大人になったのだ。もう親の庇護は必要がなくなってしまった。恋の熱はいつの間にか冷めていき、新たな出会いさえ生まれる。
親離れしても父と娘という関係は変わらないが、恋の終わりは身体の関係の終わりをもたらし、花にとって淳悟は過去の男になった。

花の恋の終わりは淳悟の心に孤独の影を差す。心が離れてしまった花の帰りを淳悟は待つ。父や母を死によって奪われた淳悟にとって、花を失うことは再びの孤独を意味し、彼女がどこへ行っていようともただただ待ち続けることしか出来ないのだ。

新しい恋人、結婚、花は過去と決別するチャンスを得る。同時に淳悟も全ての過去、自分の存在すらも清算する。たった一つ、2人の歪んだ愛を捉えた古いカメラを残して。

淳悟はその後生きているのだろうか。
花を失った淳悟は孤独に潰されて死を選んでしまうに違いないと思った。
そして同時に思う。
もしかしたら今も淳悟は花のすぐ近くで、新たな血の人形の誕生をひっそりと待ち続けているのかもしれない。それだけを心の拠り所として。

レビュー投稿日
2014年7月6日
読了日
2014年5月30日
本棚登録日
2014年5月30日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『私の男 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『私の男 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

再読情報 [1回]

  • 2014年7月6日

    再読しました。

いいね!してくれた人

ツイートする