少女たちは夜歩く

3.54
  • (7)
  • (19)
  • (17)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 122
レビュー : 26
rudiesgirlさん 日本ホラー   読み終わった 

宇佐美まこと氏3冊目にして、氏の描かれる物語に囚われる。
四国、松山の城下町を舞台にした短編風に描かれた10編が
少しだけの謎と結末を迎えないままリンクしていき、
最後の『おわりのはじまり』で全てがひとつに繋がっていく妙。
人が陥りやすい弱さや狂気、人の負に連鎖されるように
起こる怪異を本当に丁寧に物語と昇華される。
いつのまにか松山の街に私自身も佇み、
暗い森の中へと歩いていくような錯覚を覚える。
またまた、もっと他の作品も読んでみたいと
思わせる作家のひとりと巡り会えた。

レビュー投稿日
2018年11月19日
読了日
2018年11月19日
本棚登録日
2018年11月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『少女たちは夜歩く』のレビューをもっとみる

『少女たちは夜歩く』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする