ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

3.86
  • (1316)
  • (2795)
  • (1778)
  • (153)
  • (18)
本棚登録 : 15117
レビュー : 1799
著者 :
ruih0815さん 小説   読み終わった 

プロローグからエピローグまでで徐々に明らかになる栞子さんの秘密。
一巻の表紙の絵が実はこんな風に繋がっているのか…!と驚かされた。
『時計じかけのオレンジ』の改稿の話は、書いたものはなかったことにはできない。
だからどちらも真実であるし、決して消えない。
それは人の人生と似ていて、作者の心の流れを知る上で大切なことだと思った。
誰かの事を知りたいと願う事は、探偵のように隠されていた真実を暴くことと紙一重なんだということはわかっても、そうせずにはいられないのは業の深さというのか人の性というのか…。
次巻も気になります。

レビュー投稿日
2013年5月29日
読了日
2013年5月29日
本棚登録日
2013年5月21日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと...』のレビューをもっとみる

『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)』にruih0815さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ツイートする