昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか

3.18
  • (3)
  • (11)
  • (18)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 190
レビュー : 29
著者 :
ruko-uさん 文学   読み終わった 

タイトルを見て「そういやそうだな」と思って気になったのが手に取るきっかけ。多分この本はそのように手に取られる方が多いでしょう。

同じ話の繰り返しが何度かあり、話の流れというか章のテーマによるためやむ無しかとは思いますが若干読みにくい感じがしました。しかし内容は面白い。

確かに子供向けにかなりマイルドになったり全然違う結末になってしまったりしている昔話はかなりあるなとは思っていましたが、浦島太郎の元となる話は(浦嶋子など)全く知らなかったのでとても興味深かった。
姥捨てにまつわるいろいろの話も大変面白い。

これは超高齢化社会である今だからこそ身につまされつつ(?)読むのが楽しいのかもしれない。
最終章の「イカす老人」も「いやホントイカスなぁ」と感じ入りながら読みました。世阿弥かっこいい、と思いました。
個人的には上田秋成に大変興味を引かれました。昔、国学の授業があり習った時に「上田秋成って変な人だな」と思った覚えがあるのですがやはり相当の偏屈野郎(失礼)だったのだな、と思いました。
雨月物語も読んだことはありませんが、上田秋成について書かれたナニかがあれば読んでみたいと思いました。

レビュー投稿日
2015年9月29日
読了日
2015年9月25日
本棚登録日
2015年9月29日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なの...』のレビューをもっとみる

『昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする