バチカン奇跡調査官月を呑む氷狼 (角川ホラー文庫)

3.61
  • (20)
  • (81)
  • (81)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 634
レビュー : 74
著者 :
制作 : THORES柴本 
鳳さん  ├ バチカン奇跡調査官   読み終わった 

2014年11月14日読了

あの事件以後、鬱屈していたビルが再び立ち上がるまでのお話…に近いかな?1年も時間が空いているとは思わなかったけど、その間にビルは本当に悩んでいたんだなぁと思った。ウォーカー博士とやり取りはすれど、いつも窘められていたので、この事件をきっかけに意欲を取り戻して今まで以上にパワフルになって欲しいな。

今回は平賀は少し控えめで、ロベルトが活躍。
ロベルトも救済されるような、そんな感じがした。ビル共々、この事件によりなんらかの救済を得ている姿がほっこりする。
事件がああいう結末になってしまったので、その分2人に救われた。

ジュリアも出てきたけど今はローレンの方が気になる。
今回の事件はローレンが知らせようとしていたのか、それとも本当になにかをしでかそうとしているのか。相変わらず謎に包まれていて、先が気になって仕方ない。

レビュー投稿日
2014年11月15日
読了日
2014年11月14日
本棚登録日
2014年11月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『バチカン奇跡調査官月を呑む氷狼 (角川ホ...』のレビューをもっとみる

『バチカン奇跡調査官月を呑む氷狼 (角川ホラー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『バチカン奇跡調査官月を呑む氷狼 (角川ホラー文庫)』に鳳さんがつけたタグ

ツイートする