反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

4.12
  • (35)
  • (16)
  • (19)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 371
レビュー : 23
制作 : 望月 衛  千葉 敏生 
ryhさん 哲学・思想・倫理   読み終わった 

教科書の"知識"には、ある次元が抜け落ちている。平均の概念と同じで、利得の隠れた非対称性が見落とされているのだ。世界の構造を研究したり、「正しい」か「正しくない」かを理解したりするのではなく、自分の行動のペイオフ(対価)に着目するという発想が、文化史の中からすっぽりと抜け落ちてしまっている。恐ろしいくらいに。いちばん大事なのは、ペイオフ(事象によって生じる利得や損失)であって、事象そのものではない。p42

レビュー投稿日
2018年1月29日
読了日
2018年2月9日
本棚登録日
2018年1月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延び...』のレビューをもっとみる

『反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』にryhさんがつけたタグ

ツイートする