クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

3.84
  • (431)
  • (453)
  • (511)
  • (48)
  • (17)
本棚登録 : 3860
レビュー : 410
著者 :
制作 : 竹 
サイリョウさん 一度で十分   読み終わった 

初西尾維新に選んだのはこれ。

天才的な富豪が住む島に招待された、天才的な人間達。
そこで起こる密室殺人と持ち去られた首の理由とは。

すでにご存知の方も多い独特の西尾維新の文体だが、読みにくいというわけではなかった。ただ、なんとなく漂ってくる「自分は平凡と言いながら非凡な自分を匂わせてるのにそんなんじゃないです」というポーズが随所に現れるので、駄目な人は本当にダメな気もする。

肝心のトリックについては……ちょっと首をかしげるが、理由としてであればとても納得の行くもので、タイトルも含めて良いと思った。
ただ、この話は一冊で完結するが、この後もおそらく続く話なのだろう。

語り手がヒロイン?の髪を事あるごとに整えるが、
意味は無かったというどうでもいいネタバレ。

レビュー投稿日
2017年12月5日
読了日
2017年12月5日
本棚登録日
2017年12月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い...』のレビューをもっとみる

『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする