死にたい夜にかぎって

4.10
  • (42)
  • (31)
  • (21)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 590
レビュー : 54
著者 :
ryohobenさん  未設定  読み終わった 

中学の頃に読んだ音楽雑誌でミスチル桜井和寿が「『諦める』という言葉は『明らかにして、見極める』という意味が転じたもの」と語っていた。ゴルゴ松本の命の授業的な胡散臭さを感じなくもないのだが、僕は「なるほどな」と思ったものだった。ネガティブな意味ではなく「こんなもんだ」と見極めることで浮き上がってくるものが人生には存在する。愛すべき人たちや自分自身にちょっとくらい欠点があっても「まあいいか」と笑って許せばいいじゃないか。足りないものばかりを数えてたって始まらないのだ。

レビュー投稿日
2018年2月12日
読了日
2018年2月12日
本棚登録日
2018年2月12日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『死にたい夜にかぎって』のレビューをもっとみる

『死にたい夜にかぎって』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする