椎名誠 超常小説ベストセレクション (角川文庫)

3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
著者 :
ryokutya87さん アバンギャルド   読み終わった 

SF、ホラー、幻想譚、冒険活劇、いくらでもジャンル付けはできるけれど、いずれにしても純度100%のオリジナルな地名、人名、動物、植物、生物、生態、食物、習慣、擬音、から成るその世界観は圧倒的だ。そして豊饒な言葉たち。はまればはまる。でももしかしたら、はまらなければまったく受け付けないかもしれない。
実に19もの短編が収録されている。好みのものもあればそうでないものもある。正直、好みでないもののほうが多かった。短編集の総合評価は難しい。
好きなのは「いそしぎ」「雨がやんだら」「猫舐祭」「中国の鳥人」。

レビュー投稿日
2018年1月3日
読了日
2018年1月3日
本棚登録日
2018年1月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『椎名誠 超常小説ベストセレクション (角...』のレビューをもっとみる

『椎名誠 超常小説ベストセレクション (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする