熊の場所

3.52
  • (74)
  • (101)
  • (252)
  • (9)
  • (6)
本棚登録 : 681
レビュー : 134
著者 :
ryokutya87さん 衝撃   読み終わった 

反省しなければならない。舞城 王太郎というペンネームの、軽薄な印象から、ずっと食わず嫌いだったことを。面白いよ?と薦められたことがあったにも関わらず、今まで読んだことがなかったことを。
とにかく驚愕!の一言だった。その半端ない疾走感たるや、とても小説という文字表現とは思えない。スターウォーズで小型の宇宙船がビュンビュン飛び交う様を思い起こすほどだった。内容の好き嫌いはともかく、この疾走感だけはたぶん誰にも否定できないだろう。
そして内容。
「弱い者たちが夕暮れ、さらに弱い者を叩く、その音が響き渡れば、ブルースは加速していく。見えない自由がほしくて、見えない銃を撃ちまくる。本当の声を聴かせておくれよ。」というブルーハーツの詩そのものだと感じてしまった。僕は、ブルーハーツのパフォーマンスは好きではなかったが、その言葉は好きだった。舞城王太郎のこの本も、その舞台設定は好きではないが、そこで描かれているものには、どうしようもなく惹きつけられた。
また、本書のタイトルも、装丁も、とても素敵だ。

レビュー投稿日
2013年4月21日
読了日
2013年4月21日
本棚登録日
2013年4月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『熊の場所』のレビューをもっとみる

『熊の場所』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする