読んでいて、ドラマアンフェアの原作だと気付きました。
読み終わっても、タイトルが「愛娘にさよならを」・・・・なんだろう。娘とは暮らせなかった。・・・・・続編「のぞむ」。

2013年4月28日

読書状況 読み終わった [2013年4月28日]
カテゴリ 小説

経済の勉強の一貫として購入。法人としてリースの話はためになった。最近、マンションの購入を、真剣に検討中。買わなくても、いいかなあと、本気で思った。

2013年4月28日

読書状況 読み終わった [2013年4月28日]
カテゴリ 投資

評価が高いから、思わず買ってしまった。いろいろなことに、正面からぶつからず、斜めに当たれってことかなあ。。。ばか笑いするほどではないけど、けっこう楽しめました。

2012年10月28日

読書状況 読み終わった [2012年10月28日]

おもしろかった。主人公のような強い女性に憧れる。主人公の旦那のこととか、謎のままだし、続編あるでしょう。。たのしみ。

2012年10月22日

読書状況 読み終わった [2012年10月22日]

前作に、続いて買ってしまいました。作者は、幸せになってほしい。

2012年10月22日

読書状況 読み終わった [2012年10月22日]
カテゴリ その他

人生は、山あり、谷あり、と思うけど、この人の、谷は深すぎる。こんな、世界って本当にあるんだ。驚き。。。

2012年10月22日

読書状況 読み終わった [2012年10月22日]
カテゴリ その他

ラストが衝撃だったけど、本当におもしろかった。自己投資の話は参考になった。仕事をはじめて、20年たったけど、スキル、人間性を磨いていくことは、一生続くんだと考えさせられました。

2012年10月22日

読書状況 読み終わった [2012年10月22日]
カテゴリ その他

映画の脚本を基に書かれたものらしい。いろんなものを犠牲にして、英国のために、つくしたのがよくわかった。参考文献を見ていると、本人の書いた回顧録も翻訳されている。読みたいと思った。。。。

2012年3月25日

読書状況 読み終わった [2012年3月25日]
カテゴリ その他

微妙な内容。いつの世の中も、腹黒いやつが得する。。。そんな世の中いやだなあ。。。。

2012年3月4日

読書状況 読み終わった [2012年3月4日]
カテゴリ 小説

もうすぐ映画化。
あまり期待してなかったけど、結構おもしろかった。
続編は書いてほしいなあ。

2011年4月3日

読書状況 読み終わった [2011年4月3日]
カテゴリ 小説

ハッピーエンド過ぎて。。。

2011年4月2日

読書状況 読み終わった [2011年4月2日]
カテゴリ 小説

うーん。今38歳。主人公43歳。自分の人生の曲がり角を少し考えた。就職の選択は正しかったのかなあ。

2011年4月2日

読書状況 読み終わった [2011年4月2日]
カテゴリ 小説

弁護士は賢いとか。優秀とかイメージがぶっとんだ。倫理感のない弁護士とかいるよなあ。

2011年2月21日

読書状況 読み終わった [2011年2月21日]
カテゴリ 小説

直木受賞作だったらしい。読み終わった後の解説を読んでいてわかった。推理のセンスが悪いのか、裏をかかれた。途中で読んでいて、頁少ないのに、どんな終わり方をするのか心配だった。そういった意味でも面白かった。

2011年2月21日

読書状況 読み終わった [2011年2月21日]
カテゴリ 小説

破産執行人、もっとどろどろとした内容かと思ったけど。違ってた。破産もビジネス。金になるんだと。。。関心する。

2010年11月15日

読書状況 読み終わった [2010年11月15日]
カテゴリ 小説

他の人が書いているレビューを読むと結構きびしい。
社会人1年生。就職活動前に読むといいかも。

2010年9月12日

読書状況 読み終わった [2010年9月12日]
カテゴリ 小説

総会屋って死後。こんなやついない。。。と思うけど。解説の中に、1990年台後半に相次いだ、大手企業の総会屋への利益供与事件のことが書かれていた。また、総会屋対策として、警察官僚が、大企業へ天下りしていることも。。。マスコミの報じない、新たな事実として勉強にもなった。

2010年9月12日

読書状況 読み終わった [2010年9月12日]
カテゴリ 小説

まだ裁判中。エリート検事の転落人生。バブルってすごかったんだろうなあって話と。次元が違う。著者がいっている通り、検察がシナリオを描いて、その通りの逮捕。。。。いい思いもしたんだから、少しぐらい塀の向う側に落ちてもって気もする。しかし本の表紙の顔。。。貫禄がある。。。。

2010年8月23日

読書状況 読み終わった [2010年8月23日]
カテゴリ その他

短編の集まりみたいになっていた。おもしろかった。

2010年8月22日

読書状況 読み終わった [2010年8月22日]
カテゴリ 小説

本屋でなぜんか買ってしまった。買うつもりなかったんだけど。NHKでハゲタカを見て、けっこうおもしろかった。本屋で、ハゲタカのとなりに平積みしてあって思わず買ってしまった。MBOって聞いたことあったけど、EBOっていうのもあるんだ。勉強にもなります。おもしろかったです。今後も読んでいきます。

2010年8月20日

読書状況 読み終わった [2010年8月20日]
カテゴリ 小説

わかりやすい文章を書くには写経から。やっぱりそうだよなあ。後、新聞記事のスクラップ。さっそくやっています。基本は投資に関する情報収集の参考にしています。別の本でも読んで書いてあり、本著にも書いてあった、一度寝かせる。有効性はともかく採り入れていこうと思います。

2010年8月17日

読書状況 読み終わった [2010年8月17日]
カテゴリ 自己啓発

今、投資をやっていて、情報をどう整理していくかっていう課題の解決のために読みました。ノートの使い方は、大変参考になりました。たえず新鮮な情報を蓄積する。捨てるも技術。多少表現が難しく感じましたが、大変参考になりました。

2010年8月12日

読書状況 読み終わった [2010年8月12日]
カテゴリ 自己啓発

バブルの元凶として、よく聞く前川レポートについて書かれています。よく金儲けは、法律すれすれのことをやると一番儲かると言われるけど、破った人たちの話です。「経済やくざ」ってこんな身近なところで活動しているのってちょっとびびります。今の過去のもののとなりつつある、ノンババンクの成り立ちも書かれています。バブル期は大活躍だったようです。

読書状況 読み終わった
カテゴリ 社会・経済

投資をはじめて、取引業者の発信するニュースを読んでいると登場するヘッジファンド。バートン・ビッグス。読む前はよく知らない人だったけど、金融業界では有名な人らしい。自分の失敗談等も書かれていて非常に面白い。本書に登場する、ヘッジファンドも、名前がごまかしてあるが、金融業界の人が読むとどこのヘッジファンドのことをいっているかわかるそうです。

2010年8月8日

読書状況 読み終わった [2010年8月8日]
カテゴリ 社会・経済
ツイートする