空港にて (文春文庫)

3.17
  • (84)
  • (219)
  • (678)
  • (118)
  • (37)
本棚登録 : 2429
レビュー : 290
著者 :
しのざさん  未設定  読み終わった 

村上龍に最近はまってて、たまたま手に取った一冊。自分が今まで読んだ他の作品に比べるとえぐい描写はほとんどなく、心情描写に焦点をあてて「時間を凝縮させた技法」で主人公の人生の背景や人間関係が描かれている。
一遍話が終わったところで時間は大して進んでいないけれど、話の終わりには主人公のことをずいぶん知った気になって、気が付いたら感情移入していた。主人公たちは少し暗い部分を抱えていて、全体的にもやがかかったような雰囲気があり、その感じが個人的に良かった。自分も頭の中でよく考えるタイプなので、この描写の細かさ、面倒くささが気にいったのかもしれない。

レビュー投稿日
2018年1月24日
読了日
2018年1月24日
本棚登録日
2018年1月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『空港にて (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『空港にて (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする