徳川家康 9 碧雲の巻 (講談社文庫 や 1-9)

著者 :
  • 講談社 (1974年4月1日発売)
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
感想 : 5

<切>
山岡荘八という人は,大きな章立ての中で細かく「一」「二」「三」と”区切り”を付けていくのが誠に上手い.
区切ったからと云って,場面が大きく変わるわけでもないのに,なぜか一息つけて読み手を疲れさせないで先に進む気を起こさせる.
この”区切り”,もしかすると新聞連載時の日々の区切りだったのではなかろうか.
もう50~75年も前の事なりて,今となっては確かめようもないが・・・.(昭和25年~昭和42年中日新聞他連載.当時「世界最長の小説」であったらしい.)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年5月7日
読了日 : 2020年5月7日
本棚登録日 : 2020年4月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする