GOSICK II ゴシック・ その罪は名もなき (角川文庫)

3.72
  • (154)
  • (351)
  • (314)
  • (31)
  • (5)
本棚登録 : 2728
レビュー : 222
著者 :
ryoukuanさん  未設定  読み終わった 

夏至祭意外は閉ざされた謎の村そこはヴィクトリカの母親の故郷でした。
今年の夏至祭、母親が村を追放される原因となった事件の真実を解き明かそうとその村に一弥と乗り込みます。
そしてそこで、殺人事件が・・・・
ヴィクトリカは過去と現在の不可能犯罪を解き明かせることができるのか?
一弥はヴィクトリカにどれだけ振り回せられるのか?
そして、二人の固い絆を感じるすばらしいシーン!!
GOSICKシリーズらしい面白いお話でした。

レビュー投稿日
2010年7月24日
読了日
2010年7月21日
本棚登録日
2010年7月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『GOSICK II ゴシック・ その罪は...』のレビューをもっとみる

『GOSICK II ゴシック・ その罪は名もなき (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする