世界の見方・考え方

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
感想 : 4
4

1991年に出版された著書なので、つまみ読み。
日本がいかに世界から取り残されているかが、大前氏の言葉で書かれている。大学の研究機関に対しての記述は現実を述べていて、印象に残っている。「大学院では、研究員や博士課程で残る方が優秀に見えてくる。大学の先生は、そうした人に目をかけてくれるからだ。先生と共同で論文を書いて助手になり、あとは助教、教授を目指して、ひたすら論文作りに励む。その間、大学の外の世界とはほとんど没交渉になる。そして、ある日突然、世間からみるとまったく役にたたない研究しかできない自分を発見するのだ。」

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 経済・ビジネス
感想投稿日 : 2009年1月10日
本棚登録日 : 2009年1月10日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする