ブログ論壇の誕生 (文春新書)

3.30
  • (8)
  • (23)
  • (57)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 253
レビュー : 44
著者 :
ryukyaさん 新書   読み終わった 

2008年発行で、ネット界を語るにはすでに古い感もありますが、
それ以上に共感したのが、
団塊の世代VSロストジェネレーションの対立です。
1976年生まれの私は、まさにロストジェネレーション世代で、
こう、世間に対してのもやもや感、
団塊の世代が押し付けてくる倫理観への反発、
そういうのが、すごく明文化されています。

団塊ジュニアとして、激しい受験戦争を生き、
頑張って大学を卒業してみたものの、
そこに待っていたのは平成大不況。
最低の就職率、
私が卒業した時は、その当時の一番「底」で、
文系女子が正社員として就職出来るのは
10人に1人と言われていました。
多くは、フリーターや非正規雇用に流れ、
ワープア化しました。

でも、団塊の世代は、
「頑張りが足りないからだ」って言うんですよね。
終身雇用で、一つの会社で働いてさえいれば、年功序列で
給料が上がっていった時代とは全く違っているんです。

その私達の世代が、自分の意見を発信する場として得たのが
ネットでした。
本書では、そのネット、ブログ論壇に対して、
利点と弊害も合わせて書かれています。

ただまあ、そこがもう4年前のことなので、
リソースが古いっちゃ古いんですが。

私としては、世代格差を語る書として、読む価値がありました。
親と分かり合えないことも、
「ああ、こんだけの格差があれば、仕方ないよね」と、
あきらめられました。

レビュー投稿日
2012年12月14日
読了日
2012年12月14日
本棚登録日
2012年12月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ブログ論壇の誕生 (文春新書)』のレビューをもっとみる

『ブログ論壇の誕生 (文春新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする