ついに、愛の宇宙方程式が解けました: 神様に溺愛される人の法則

著者 :
  • 徳間書店 (2015年11月5日発売)
4.13
  • (6)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
感想 : 6
4

岡山出身の理論物理学者の著作。著者の半生が如何に運が良かったか綴られている。自分を取り巻く空間への感謝が肝腎らしい。羨ましい程のシンクロニシティの連続。これらを愛の宇宙方程式が解けたとして湯川秀樹先生の素領域理論として説明出来そうだと言う。著書には数式は全くなく、形而上学的な説明が少しだけあっただけだった。エジプトのハトホルの秘儀を習得出来、これはイエスキリストが使用してきたものと同じではないかとか。2015年5月に理論的なところで悟ったので今回著述してみたとのこと。私事だが親父が岡山出身で岡山批評もあって面白かった。また最近長崎に行ってカトリック周辺に接する機会があり、著者の主張するシンクロが起きているのかもしれないと感ずるところもあった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2016年12月29日
読了日 : 2016年12月29日
本棚登録日 : 2016年12月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする