悪魔のいる天国 (新潮文庫)

3.68
  • (179)
  • (245)
  • (367)
  • (35)
  • (2)
本棚登録 : 2637
レビュー : 159
著者 :
s0910048さん 本50冊プロジェクト   読み終わった 

この悪魔のいる天国は、主人公が窮地に立たされるが、最後にはその立場が逆転してしまう話が主となっている短編小説だ。つまり悪魔のいる天国とは、天国にいる天使のような人が、実は悪魔の心をもっている人だということだと思う。特におもしろかったのは、博士の坊やが誘拐されてしまうのだが実はその坊やは博士が作ったもので爆発するようになっているロボットだったという話だ。しかし、終りのほうでは坊やがロボットとも言わず、博士が誘拐犯を減らしていきたいという気持ちも入っていないが、読んでいる人にわかりやすくだが考えさせるようにしている。このほかにもおもしろい話があるので、読んでほしいと思う。

レビュー投稿日
2009年9月23日
読了日
2009年9月23日
本棚登録日
2009年9月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『悪魔のいる天国 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『悪魔のいる天国 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『悪魔のいる天国 (新潮文庫)』にs0910048さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする