風の又三郎 (講談社青い鳥文庫 88-2 宮沢賢治童話集 2)

著者 :
  • 講談社 (1985年3月10日発売)
3.40
  • (4)
  • (2)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 3
5

風の又三郎は、あの「銀河鉄道の夜」や「注文の多い料理店」を書き上げた、宮沢賢治の作品である。この作品は、宮沢賢治が亡くなってから、1年後に発表されました。この話は、田舎の小さな学校に、とても風の強い日に、突如不思議な少年が転校してくるところから、この話は、はじまります。昔の作品なので、少し、難しい表現があったりするかもしれないけど、けっこう面白い作品だと思いました。この作品は、いろんな出版社から、発行されているので、自分にあった読みやすい本を見つけることができます。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 50 projects
感想投稿日 : 2009年12月3日
読了日 : 2009年7月21日
本棚登録日 : 2009年7月21日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする