ハンサム・スーツ

3.39
  • (4)
  • (12)
  • (26)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 74
レビュー : 26
著者 :
s0910208さん 本50冊   未設定

豚朗というもてない男が、「紳士服のパーフェクトスーツ」の店に行きハンサム
スーツを着た。琢朗は光山杏仁という名前でハンサムライフを楽しんだ。ある日モデル
にスカウトされた。そこで、來香に恋をした。琢朗はこころ屋という店に本江という
太った女の人を雇った。本江がバイク事故にあった時、琢朗は病院に向かった。彼女は
ブスーツを着ていた。本江の中から筧子が出てきた。「琢朗さんには外見じゃなくて中身
を見てはしかった」といった。ハンサムスーツは人を幸せにするスーツ。でもそれを脱ぐ
ことができたときに本当の幸せを気づかせてくれるスーツ

レビュー投稿日
2010年1月21日
本棚登録日
2009年7月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ハンサム・スーツ』のレビューをもっとみる

『ハンサム・スーツ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ハンサム・スーツ』にs0910208さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする