アマゾンより
認知症の権威が認知症になって、ようやくわかったことがある。認知症の人が見ている世界、認知症の歴史、超高齢化社会を迎える日本の選択など、この1冊でわかる認知症のすべて。

本要約チャンネルさん
【最新刊】白澤卓二「脳の毒を出す食事」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】
https://www.youtube.com/watch?v=hBwNRjFzdjE

読書状況 読みたい

青年海外協力隊のOV達が作った世界の料理レシピ本、66カ国のローカルごはんが満載
ニジェール担当されたには、藤田先生

https://ameblo.jp/yuji-arakawa/
作家 荒川祐二オフィシャルブログ 「ていうか、神さまってなに?」

参考
ぼやきくっくりさんのブログより 
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1612.html

上記ブログより転載
”1933年~45年の間、朝鮮總督府江原道(こうげんどう)の地方官吏(役人)であった西川清さんに、編集部が2014年3月に合計20時間以上にわたり取材した内容がまとめられています。〜〜〜
編集部も、そして西川さんご自身も指摘されているように、日韓併合の実態を行政側から解説できる朝鮮總督府官吏としての証言は、おそらくこれが最後でしょう。”

http://www.horei.com/book_4-89346-636-4.html
内容紹介
27年間もの獄中生活を送ったチベット女性が語る衝撃の事実
中国共産党の侵略に抵抗すべく、地下組織に加わったアデ。
レイプ、奴隷労働、飢餓――彼女を待ち受けていたのは、27年間の壮絶な獄中生活だった。
残酷な歴史のたくらみの中で、人はこれほど強く、気高く生きることができる。

https://www.youtube.com/watch?v=j5vEIl6PIGM
有本香さんが紹介。

「BOOK」データベースより)
その“がんばり”は逆効果です。元Google人材育成統括部長が“新しい未来”を創る人たちの「ムダを捨てる仕事術」を公開!10xとはGoogleスタンダードの10×(倍)の成果を出す考え方。 --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。
著者について
ポーランド生まれ。2000年に来日し、ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て、2011年、Googleに入社。アジア・パシフィック地域におけるピープル・ディベロップメント(人材開発)に携わったのち、2014年からはグローバル・ラーニング・ストラテジー(グローバル人材の育成戦略)の作成に携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発の分野で活躍。2015年に独立。現在はプロノイア・グループ株式会社代表取締役/モティファイ株式会社取締役チーフサイエンティスト。プロノイア・グループにて、企業がイノベーションを起こすため組織文化の変革コンサルティングを行い、その知見・メソッドをモティファイにてテクノロジー化。2社の経営を通じ、変革コンサルティングをAIに置き換える挑戦をする。著書に『世界最高のチーム』(朝日新聞出版)、『人生が変わるメンタルタフネス』(廣済堂出版)などがある。 --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グジバチ,ピョートル・フェリクス
プロノイア・グループ株式会社代表取締役/モティファイ株式会社取締役チーフサイエンティスト。プロノイア・グループにて、企業がイノベーションを起こすための組織文化の変革コンサルティングを行い、その知見・メソッドをモティファイにてテクノロジー化。2社の経営を通じ、変革コンサルティングをAIに置き換える挑戦をする。ポーランド生まれ。2000年に来日し、ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て2011年にGoogleに入社。アジア・パシフィック地域におけるピープル・ディベロップメント(人材開発)に携わったのち、2014年からはグローバル・ラーニング・ストラテジー(グローバル人材の育成戦略)の作成に携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発の分野で活躍。2015年に独立し現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。

カテゴリ kindle

「BOOK」データベースより)
その“がんばり”は逆効果です。元Google人材育成統括部長が“新しい未来”を創る人たちの「ムダを捨てる仕事術」を公開!10xとはGoogleスタンダードの10×(倍)の成果を出す考え方。
著者について
ポーランド生まれ。2000年に来日し、ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て、2011年、Googleに入社。アジア・パシフィック地域におけるピープル・ディベロップメント(人材開発)に携わったのち、2014年からはグローバル・ラーニング・ストラテジー(グローバル人材の育成戦略)の作成に携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発の分野で活躍。2015年に独立。現在はプロノイア・グループ株式会社代表取締役/モティファイ株式会社取締役チーフサイエンティスト。プロノイア・グループにて、企業がイノベーションを起こすため組織文化の変革コンサルティングを行い、その知見・メソッドをモティファイにてテクノロジー化。2社の経営を通じ、変革コンサルティングをAIに置き換える挑戦をする。著書に『世界最高のチーム』(朝日新聞出版)、『人生が変わるメンタルタフネス』(廣済堂出版)などがある。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グジバチ,ピョートル・フェリクス
プロノイア・グループ株式会社代表取締役/モティファイ株式会社取締役チーフサイエンティスト。プロノイア・グループにて、企業がイノベーションを起こすための組織文化の変革コンサルティングを行い、その知見・メソッドをモティファイにてテクノロジー化。2社の経営を通じ、変革コンサルティングをAIに置き換える挑戦をする。ポーランド生まれ。2000年に来日し、ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て2011年にGoogleに入社。アジア・パシフィック地域におけるピープル・ディベロップメント(人材開発)に携わったのち、2014年からはグローバル・ラーニング・ストラテジー(グローバル人材の育成戦略)の作成に携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発の分野で活躍。2015年に独立し現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

カテゴリ WEBと仕事改革

武田鉄也のラジオ 朝の三枚おろし で紹介。

下記は、出版社のサイトより転載
https://www.diamond.co.jp/book/9784478020944.html

科学書+エンタメ+人生の教訓!
『たまたま』で絶賛された傑出したサイエンス・ライター、ムロディナウの最新作
本書をより魅力的にしているのが、著者であるムロディナウ氏の類まれなる取材・執筆力です。
カリフォルニア工科大学(カルテック)で教鞭をとる傍ら、サイエンス・ライターとしても活躍しているムロディナウ氏は、あの車いすの天文学者、ホーキング博士のライターも務める(過去にはハリウッドで脚本も書いていた)という才人。
前著『たまたま——日常に潜む「偶然」を科学する』(小社刊)も、全世界20か国以上でヒットしました。

今回、無意識というテーマを書くにあたって、あのDNAの二重螺旋構造を発見し、その後意識の研究に邁進したクリストフ・コッホ氏のもとで研鑽を積み、自らも被験者になったりと体当たりで取材して執筆しています。

そんな彼の著作の大きな特徴は、無意識についてただまとめた本にはなっていないことがあります。
どうすれば無意識の「支配」から脱し、よりよく無意識の力を使っていけるか、という「知識の活かし方」にもページが割かれているのです。

つまり、そのまま読めば「無意識」にまつわるおもしろくてためになる科学書、よくよく読めば「無意識に振り回されずに生きる」ための指南書、という「エンタメ性」と「人生の教訓」を両立したサイエンス・ノンフィクションなのです。

無意識を「脳内ビッグデータ」と喝破!
茂木健一郎氏の解説「サブリミナルを耕す」にもご注目ください!
いまや心の科学に、脳についての研究は不可欠ですが、その最前線も描く本書の日本語版の解説を執筆してくださったのは、日本における第一人者、茂木健一郎氏!

武田さんからのおすすめ本でのメモ/
アガサクリスティの小説
生涯に長編小説は何冊でしょう?

正解は..

脳は思いでを都合の良いように記憶を置き換えてしまう。

脳の不思議。幽体離脱を脳科学で説明。
例えば、
一流のサッカー選手は俯瞰で自分を見下ろす能力がある。

脳死は人間の死ではない/

脳(認知)と身体の行動はズレている。

なぜ自殺率が低いのか?
「病は市に出せ」っていう、この町の文化。

自分用memo
自殺をテーマにした異色の2冊の著者が語る「なぜ徳島県海部町は日本一自殺率が低いのか」
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/40182
ーー
シブヤ大学
徳島県の海部町というところでは「病は市に出せ」という言葉がある。悩みや心配事やうまくいっていないこと諸々あれば、口に出そう。口に出せば周りの人が助けてくれるよ。って内容。そういう文化があるおかげか、海部町は「うつ病」に対してもあけっぴろげなのだそう。
https://www.shibuya-univ.net/club/yononaka/2014/03/post.php

読書状況 読みたい

武田鉄矢さんがラジオで紹介。関西国際空港が豊かな漁場となった理由は鉄だった。

読書状況 読みたい

著者尾藤克之さんのBlog
https://note.com/kbito

https://note.com/kbito/n/n014f7be34baa?magazine_key=mf8d14b1a6db6

本書の内容の一部
□頭がいい人は本を全部読まない
□つまらなかったら、途中で読むのをやめてもいい
□読んだ本を共有できる、とっておきの場所とは?
□ムリなく読書習慣をつける3つの方法
□3分の1しか読まなくていい
□本の2割を読めば、8割の重要な情報がわかる
□10分で読んでも理解力が増す4つのテクニック
□頭のなかで、音読してはいけない
□本に直接、インスピレーションを書き込む
□目的がない読書は、ゴールがないドライブと一緒である
□本は何を読むかより、何を読まないかが9割
□頭がいい人は、読んだ内容を人に話す
□集中力を爆上げできる、とっておきの方法
□アウトプットして、はじめて読書は完結する
□読書をすると、人生が劇的に豊かになる理由
□楽しくて、成長できる。それが最高の読書
内容(「BOOK」データベースより)

以前テレビ番組で著者のウスビ・サコ氏を知る。
国内外メディアで注目の日本初のアフリカ系大学長。
京都精華大学いいね!

本日発売の読んでみたい本。

【京都精華大学WEBオーキャン】「世界を旅する学長から高校生にメッセージ」 (学長 ウスビ・サコ)
https://www.youtube.com/watch?v=LRYXzyxklGo

https://www.youtube.com/watch?v=djkzI1pE4WY

私がウスビ・サコ氏を知った最初の番組は
ワタシが日本に住む理由だった。
https://www.tv-tokyo.co.jp/broad_bstvtokyo/program/detail/201711/24001_201711062100.html

脳のしくみ
記憶や感情は脳の中でどうやって作られるのか?

中田敦彦氏のYouTube大学で取り上げられてた。
前編:https://youtu.be/wpcCDTGTys4
後編:https://youtu.be/6h3o1GtptV0

日本が独自の日本文化になったのは、鎌倉時代から。

”法然、親鸞、一遍における信仰の生成を、生/死を超える万人救済の教えとして問い直し〈他力〉を現代性を鳴り響かせつつ甦えらせる――詩人思想家がその生のすべてを賭けた「廻心」の書。”
守中高明さんメモ
http://edgeofart.jp/%E5%A3%B0%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%80%81%E3%81%96%E3%82%8F%E3%82%81%E3%81%8F%E7%81%B0%E3%81%AE%E8%A8%98%E6%86%B6-%E3%83%BC%E5%A2%83%E7%95%8C%E7%B7%9A%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89%E3%83%BC/

原題「Blow Up」
友人のおすすめ。

読書状況 観たい
カテゴリ 映画
ツイートする