人間不平等起原論 (岩波文庫)

3.44
  • (12)
  • (30)
  • (71)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 554
レビュー : 29
アイカスさん  未設定  読み終わった 

 200年以上前の人間から更に原始の頃まで考えを遡らせるために、傍観者的視点から、うんうんと頷く視点に行くのに時間が掛かる感じがした。
ただ、何時の時代をもいい得ている考察などもたくさんあって、ここから、「今」に繋げていく作業をして初めて「読了」なのかなと思う。
 人間は未開人の状態からふとしたきっかけで社会を形成し、そこから、欲望、横暴、嫉妬などの状態が生まれてきたことを彼が指摘したとしても、ここにある社会を擲って、未開人に戻りたいなどとは言っていないことが、読んでいて、落ち着いていられたというか、救われるというか、じゃあこれから一緒に考えていくのだな、という風に思わせてくれていた。

レビュー投稿日
2013年5月2日
読了日
2013年5月2日
本棚登録日
2013年3月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人間不平等起原論 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『人間不平等起原論 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする