鉄鼠の檻 (講談社ノベルス)

3.66
  • (417)
  • (329)
  • (952)
  • (22)
  • (3)
本棚登録 : 3229
レビュー : 295
著者 :
さーろんさん 妖怪関係   読み終わった 

何をトチ狂ったか、初めに手を出した京極作品がこれでした。おかげさまで姑獲鳥の夏が薄く感じた。
山中の謎めいた寺というロケーションと印象的な登場人物、京極堂の膨大な薀蓄に、それが事件と密接に結びつき読む側も憑き物が落ちるという構造にどっぷりのめり込みました。百鬼夜行シリーズ内ではおそらく1番好きな作品です。この厚さを厚いと感じさせない筆力がすごい。
余談ながら、最初に読んだ京極作品が鉄鼠の講談社ノベルス版だったので、シリーズ通してついつい講談社ノベルス版で集めています。文庫版の表紙の張り子も素晴らしいのですが、やっぱりノベルス版が落ち着きます。

レビュー投稿日
2016年3月9日
読了日
-
本棚登録日
2016年2月26日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鉄鼠の檻 (講談社ノベルス)』のレビューをもっとみる

『鉄鼠の檻 (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『鉄鼠の檻 (講談社ノベルス)』にさーろんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする