ドラママチ (文春文庫)

3.29
  • (43)
  • (168)
  • (283)
  • (52)
  • (19)
本棚登録 : 1583
レビュー : 191
著者 :
NAOKO ANDOさん 純文学   読み終わった 

30代~40代になると待つことに慣れてしまうのかもしれない。自分の中で何かおかしいと気づいていても、何年もそういう自分を続けることに異議を唱えるわけでもなく、自分を変えてくれる奇跡的な出来事をひたすら待つ。他力本願の姿勢に入ってしまえばそれを崩すのは至難の技だ。

でも実際は...何もやってこないし何も起こらない。これはたぶん年とともに発達した強力な妄想力が起こす幻覚症状にほかならない。気が小さくて何かを起こす勇気がないだけでしょ?という正論は左耳から右耳へ突き抜けるだけ。何かを待つことしかできないほどの長年蓄積した疲労感を分かって欲しいという思いがふつふつとあるのだけれど。

その思いを代弁してくれるように、疲労感に身をゆだねるしかなかった彼女達のせつなさやりきれなさは、正論をぶつけるなんて申し訳ないほどに圧倒的に描かれ、いたるところでピリピリヒリヒリとし、ついでにこの小説を勧めた友人の意図はなんなのかとモンモンとした。登場人物が憑依したのは久しぶり。

でもピリピリヒリヒリは必ず癒される。彼女達はちゃんと変わっていくのだ。各章の1/5あたりに空気がざらっと変わる瞬間が訪れ、彼女達は新しい”自分”へと脱皮する。それは明日から新しい自分が始まるような気分、例えようがないくらいの清々しさをもたらす。

身の程を知り、しがみついていたものを手放し、今までの自分から自由になる。それだけなんだけど、ちょっとした空気のざらつきからあっという間の自分への気づきが無理なくリアルに描かれて、ドラマへと引き上げる作者の手腕が奇跡かもと思う。

「ツウカマチ」の主人公、彼氏いない暦14年で異性との距離のとり方がおかしくなっているし、”14年あったら人は漢字も書けるようになるし円周率を出せるようになるのに、好きという気持ちが分からない”という嘆き方も情けないし、ヘタレっぷりが面白すぎる。こういう可笑しさを理解してくれる人が現れればいいねえと、ついつい同情交じりの応援をするのだった。

レビュー投稿日
2012年8月17日
読了日
2012年8月17日
本棚登録日
2012年8月15日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ドラママチ (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『ドラママチ (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする