エレガンスの条件 (ブルームブックス)

3.06
  • (1)
  • (2)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 4
sackra12さん  未設定  読み終わった 

『「その服どちらの?」
「~~のものです。」
「今年のもの?」
「いえ、去年のものです。」

という会話にがっかりした。

「その服すてきね、えりこにとてもよく似合っているわ」
といわれたときはとても嬉しかった。』

という一文が頭に残っている。たしかに、素敵だと思えばそれを伝えればいいことで、
無駄な調査・・・というか詮索は必要ないなと思える。

それから、『大変なことを大変そうに見せない』
というのがよく見られる意見だった。
あくまで謙虚に。でも控えめすぎてもいけない。

また、両方の膝ぴったりつけてふくらはぎを伸ばし、つま先だけを地面につけること。
この座り方もきれいなんだそうだ。


「ま、こういうこともあるわね」という達観。
これもエレガンスの条件。たしかに、エレガントな女性は、慌てないイメージだ。

「自分を誇示したり自己顕示しないこと。」
これは誰でも犯しがちな失敗だと思う。どうしても人に認められたくなってしまう。
富豪でさえ何カラットのネックレスをつけて誇示し、シャネルに皮肉を言われるのだから。
私も気をつけたい。

レビュー投稿日
2011年1月19日
読了日
2011年1月19日
本棚登録日
2011年1月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『エレガンスの条件 (ブルームブックス)』のレビューをもっとみる

『エレガンスの条件 (ブルームブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする