脂肪と言う名の服を着て-完全版 (文春文庫)

3.33
  • (15)
  • (47)
  • (46)
  • (12)
  • (11)
本棚登録 : 403
レビュー : 54
著者 :
saepon6789さん  未設定  読み終わった 

ぽっちゃりでぶののこが、イジメを期にダイエットを始め、それが次第に摂食障害になっていく話。

女は見た目がだいじなんだ!!それはわかる。
でも、美しい見た目=痩せること、ではないのです。
安野さんが美人画報で言ってた、美人は意識から生まれる的なことを、イジワルな主人公の美人同僚マユミが言っていた。そのとおり。
過食嘔吐で痩せたり太ったりするのこを見て、エステサロンの人が「身体じゃなくて心がデブ」と言ったのも、言い当て妙だなーと思った。心がデブで醜いから、それに付随して身体も汚くなっていくんだ。

んー、でもどうなんだろ?まえ60キロ越えてたことあるけど、醜いのがストレスで心病んでたからなあ。今はそうでもないけど。
のこは、高校生の時の自分の重なる。まあ食べて力をつける、って発想はなかったけど。

たぶん、心も体も健康であることが、美しさへの道だと、安野さんはいっているのでしょう。美人画報にもおなじよーなことかいてあったから。

レビュー投稿日
2016年10月4日
読了日
2016年10月4日
本棚登録日
2016年10月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『脂肪と言う名の服を着て-完全版 (文春文...』のレビューをもっとみる

『脂肪と言う名の服を着て-完全版 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする