日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?

3.73
  • (10)
  • (21)
  • (18)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 219
レビュー : 25
sagami246さん  未設定  読み終わった 

2015年の発行。
新型コロナウィルスにより、在宅勤務が一般的になるなど働き方が変わりつつある。ホワイトカラーの場合、在宅勤務では、一人一人の働きぶりを基本的には成果でしか確認できないので、一人一人に何を期待するのかを、あらかじめきちんと決めておかなければならない、すなわち、ジョブ型の働き方に移っていく必要があるとの主張を、新聞や雑誌でよく見かけるようになった。
大きく言えば、人事管理の仕組み、すなわち日本型人事システムそのものを見直すべきという主張である。それは、例えば、「ジョブディスクリプションをクリアにする」といったようなシンプルな話ではない。
「システム」であり、何か一つを変えようとすれば、システム全体に影響が及ぶ。本当に旧来の日本型人事システムを見直そうとすれば、全体感を持って変えていく必要がある。

本書は、そのような前提にたって、全体感を持って見直しの方向まで論じている。

レビュー投稿日
2020年9月13日
読了日
2020年9月13日
本棚登録日
2020年5月21日
12
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベー...』のレビューをもっとみる

『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする