コンラッド短篇集 (岩波文庫)

3.47
  • (2)
  • (4)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 5
saigehanさん  未設定  読み終わった 

短編6個。重厚さに潰されそうになりながらも読んだが、作品によってはひょうきんな雰囲気もある。
『エイミー・フォスター』
「鈍い」と呼ばれている女がいた。自分から前に出るタイプでなく、家畜や自然の動物には心優しい印象だった。
遭難者と結婚する。その女は旦那を男性として扱えなかった。言葉の通じない生き物に対しては一方的に情愛を感じられるが、男が意見したり話かけると、暴行にあったかのように拒否反応を示す。旦那はいなくなり、また静かな生活が戻る。自分の子供が成長するつかの間の間だけ。

レビュー投稿日
2019年2月28日
読了日
2019年2月28日
本棚登録日
2019年2月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『コンラッド短篇集 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『コンラッド短篇集 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする