犬の心臓 (KAWADEルネサンス)

3.97
  • (13)
  • (14)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 146
レビュー : 14
saigehanさん  未設定  読み終わった 

ロシア革命、ボリシェビキ政権を痛烈に批判したとのこと。旧体制下のブルジョアを排除し、新しい人間として生きることを推奨。物語は犬に死んだ人間の脳下垂体を移植する。そもそも生き延びるかわからない手術であった。次第に犬は喋り出すが、元来の人間の粗野な部分が反映される。犬の肉体を持つから粗野ではなく、人間の持つ思考が粗野だったという。著者はわざわざ皆の前で朗読したらしく、原稿は没収。犬は犬に戻されたが、それが作者の願いなのだろう。

レビュー投稿日
2019年2月24日
読了日
2019年2月24日
本棚登録日
2019年2月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『犬の心臓 (KAWADEルネサンス)』のレビューをもっとみる

『犬の心臓 (KAWADEルネサンス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする