インターネットが普及したら、ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ

3.63
  • (12)
  • (17)
  • (16)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 232
レビュー : 21
のもんさん  未設定  未設定

こういう話はやっぱり本で読むのが一番入りやすいな。
ネットが普及したことで変化した世界を網羅的に語る。
誰でも発信できる、さらに誰でも作れるところまで環境が整っていく中で
プロの役割も、変化していかなければならない。
情報のキュレーションだけでなく、
まとめたところから生まれる視野、解説、解析などに比重が移っていく。
ビッグデータも集めるだけでは意味がなく、
どう生かした使い方ができるかが肝心。
プラットフォームを持っているものが強かった時期はもう終わって
個人の能力で差が出ていく時代に。
誰でも発信できるようになったからこそ、
発信するだけでは何もしていないのと同じ。
何かを動かしてこそ影響を与えてこそ、発信したと言える。
アートとサイエンスという、仕組みの違う視点を
バランスよく組み合わせなければ、狙った効果は生み出せない。
どこでも同じようなものが手に入るとき、
結局残るのは、個人の関係。
友達として把握できる人数にはだいたいの上限がある。
山ほどある情報の信頼性、自分にとって有用かどうかの選択は、
それを発信しているのが誰なのか、という点に行きつく。
どこを取っても刺激的な本で、
今の状況、これからの変化を分かりやすく教えてくれる。
手元に置いておきたくなる本。

レビュー投稿日
2019年4月24日
本棚登録日
2019年4月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『インターネットが普及したら、ぼくたちが原...』のレビューをもっとみる

『インターネットが普及したら、ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『インターネットが普及したら、ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ』にのもんさんがつけたタグ

ツイートする