喰いタン(5) (イブニングKC)

3.53
  • (5)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 60
レビュー : 4
著者 :
酒井一成さん コミック   読み終わった 

 ワンポイントのネタが多くて、TVドラマよりもほのぼのとして面白かった。主人公が探偵ではなく小説家だというのには虚をつかれたけど、それも話が生々しくなくていいかな。
 まあ探偵ものではあるので、殺人事件なども扱っているのだけれど、食べ物の知識で解決する部分が、大袈裟ではないのがいい。話としては人間国宝の陶芸家の話とか、コロッケの話などが、人情味があって良かった。

2006/3/26

レビュー投稿日
2010年8月28日
読了日
2006年3月26日
本棚登録日
2006年3月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『喰いタン(5) (イブニングKC)』のレビューをもっとみる

『喰いタン(5) (イブニングKC)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『喰いタン(5) (イブニングKC)』に酒井一成さんがつけたタグ

ツイートする