誇りへの決別 (Hayakawa novels)

  • 早川書房
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 16
感想 : 2

 シリーズの前作「スパイの誇り 」に比べてずっと読みやすかったのは、ちゃんとした長編小説になっていてストーリーで引っ張っていってくれこともあるし、実用化されたばかりの飛行機の話などが、具体的でわかりやすく物語の核になっているからだろう。
 また、主人公をはじめレギュラー陣が、2作目と言うことで印象がはっきりしてきて、それなりのひいきが出てきたりしてきているのも、個人的には楽しくなった理由だと思う。謎のばらまき方や、最後ですべての謎が解けていくあたり、初期の作品を連想させるような気がする。また、もともと飛行機を印象的に描き出してきた作者だから(自信がパイロットの経験を持つ)、久しぶりに登場した飛行機、さらにそれを操縦する人の心の描写が気持ちよかった。うん、ライアルはこうじゃなくちゃって思うような感じである。
 それにしても、なんで「決別」ってタイトルになるのだろう。確かに、主人公がそのようなことを話すシーンがあるけれど、それにしても「決別」って語感はどうかと思う。原題にあわせて「誇りからの飛翔」なんてしてほしかったような気がするんだけど。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 海外の小説
感想投稿日 : 2010年8月17日
読了日 : 2002年2月17日
本棚登録日 : 2002年2月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする