基礎から始める演技トレーニングブック

3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
酒井一成さん 劇作り・戯曲   読み終わった 

 もしあなたがたとえば高校生で、あんまり伝統とか強力な顧問とかがいなくて、でも数人でだらだらやってるのでは飽き足らなくて、でも闇雲に台本を読んで走り回るのは不安で、つまり、指導してくれる人はいないけど、ちゃんとやってみたいなって思っているのなら、僕は真っ先にこの本を買うことを勧める。見開きのページにひとつひとつ写真入りで解説してあるレッスンを、仲間と楽しみながらやることを薦める。まがいなりにも、10年以上演劇部を見ている顧問が読んで、「ああ、これはいいなあ」って膝をたたくんだから、だまされたと思ってやってみて損はない。

 本当にシリアスな、つっこんだものとはちょっと違うとは思う。それに、タイトルにあるような「演技」というよりも、もっと広く、演劇をやろうとする役者さんが、まずはやらなければならない基礎的なトレーニングを、まんべんなくわかりやすく網羅し、解説した本である。内容は「ストレッチ」「発声」から「殺陣」「マイム」「朗読」「エチュード」、変わったところでは「座禅」までいく。こんなに守備範囲が広く、しかもすぐにやってみようって思えて、しかも確実に役に立つ入門書は見たことがない。驚いた。

 本当に、今日手に入れて明日使える本。人数が少なくて、ちょっと油断していると手詰まりになったりマンネリ化してしまう中学校や高校の演劇部に特におすすめ。いちおうがんがんやっているはずの人たちにも、本当にはっとするようなことがたくさんある、思い切り実践的なHow to本だ。

レビュー投稿日
2010年8月28日
読了日
2004年5月18日
本棚登録日
2004年5月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『基礎から始める演技トレーニングブック』のレビューをもっとみる

『基礎から始める演技トレーニングブック』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『基礎から始める演技トレーニングブック』に酒井一成さんがつけたタグ

ツイートする