今回も面白かった。飽き性の私が巻数が多くても楽しんで読める数少ない作品!

2016年4月24日

読書状況 読み終わった [2016年4月24日]
カテゴリ 漫画

元警察官である父の流と娘のこいし親子が経営する鴨川食堂。そこは看板もなく一見食堂には見えない為、ある目的をもった人物たちがやってくる場所。
すこし変わっていて、奥には探偵事務所が設けられている。猫さがしのようなものではなく”味覚”を探す仕事をしているのだ。
記憶に残る料理を再現してほしいわけありの依頼人達が訪れる。

2016年4月20日

読書状況 読み終わった [2016年4月20日]
カテゴリ 小説

さすが羅川さん。内容が安定しています!
読んでいて安心できる展開。アニメ化は難しいだろうけどいろんな人に見てほしい作品です。

2016年4月20日

カテゴリ 漫画(音楽)

安定の内容です。読んでいて安心できる!!
病理医の大変さ、すごさが本当によくわかります。

2016年2月19日

読書状況 読み終わった [2016年2月28日]
カテゴリ 漫画

病理医に着目して書かれた作品。内科や外科がメインの漫画は多いけど、病理医が主役の漫画を初めて読みました。
病理医、MRと…いろいろ聞いたことはあるけど仕事内容がどんなものか知らなかったのですが、この漫画を通して知ることができました。患者に病名をつける医師のプレッシャー等いろいろ勉強になります。
とにかく岸先生が言いたいことをはっきり言ってくれるので、読んでて気持ちがいいです。

2015年11月27日

読書状況 読み終わった [2015年11月27日]
カテゴリ 漫画

主役のお相手役の人が自分と重なって微妙に心に突き刺って読むのがつらいけど、回想がとっても海野さんワールド全開で面白くてやめられない…おばさまの様子も気になるし、次巻はどうなる!?

2015年11月27日

読書状況 読み終わった [2015年11月27日]
カテゴリ 漫画

昔からこの方の話が好きなのですが、今回の話もセンスの光るお話でした。色々と自分の状況と酷似している方がいるため現実を突き付けられ、グサリと刺さるお話ですが続きが楽しみです♪

2015年10月23日

読書状況 読み終わった [2015年10月23日]
カテゴリ 漫画

東村さんのギャグテイストな感じが苦手で今まで読んだことなかったのですが、苦手意識はダメだな…と思わせるお話でした。まさか自分が泣くとは思いませんでした。また、東村さんのキャラもすごく面白かったです。

絵の先生がすごくクセがある方なのですが、ここまで一つのことに情熱を向けられる姿勢に羨ましくなると同時に嫉妬心を覚え、私も情熱を向けられることを見つけたいと思いました。

2015年10月23日

読書状況 読み終わった [2015年10月23日]

妖怪アパートシリーズから香月さんのお話が好きで、ホワイトハートからも本を出されていることを知り、読んでみました。
児童書よりすこし大人向けの話かなぁ…という感じですが、香月さん節が炸裂していて楽しかったです。
続きがあると楽しみにしていたのに、ご本人がお亡くなりになってしまったため話の続きを読めないのが非常に残念です。

2015年8月13日

読書状況 読み終わった [2015年8月13日]

世間様の波にのって芥川賞作品を読んでみました。これを機に出版業界にもっと光が当たってみんなが本を読んでくれるようになったらいいな。
感想としては、”芸人さん”としてはとてもきちっとした文章を書かれる方だなと思いました。また、言い回しや文字からでたくさん本を読んでいるんだろうなぁ、と感じる文章表現。
芸人の主人公はお笑い芸人という設定ですが、内容は終始寂しさが付きまとい、淡々とした日常が描かれていました。さすが本物の芸人さんが書かれているだけあって、夢物語の様に最後に芸人として売れて終わるなんてことはありませんでした。妙に現実味があってちょっと辛かったです。
ただ、ページ数が少ないのでさらっと読めますが、読み終わっても「読んだ~!」という満足感は感じられませんでした…

2015年8月13日

読書状況 読み終わった [2015年8月13日]
カテゴリ 小説

徐々に記憶がよみがえってきて嬉しいですが、なぜ記憶がなくなってしまったのか知りたい~!!

2015年8月13日

読書状況 読み終わった [2015年8月13日]

最初に綺麗な絵にひかれて読み始めたのですが、読んでいくうちにカラーはきれいだけど段々中の絵が見にくくなってきて読む気が萎えてしまいました…が、アニメ化するといことで一気に読みました。
設定としては面白いですが、主役が結構つらい目に合うことが多くてちょっと読むのがつらかったです。最終巻はえっ!?こんな終わり!?と思ったら次のシリーズに続いていて安心しました。

2015年4月24日

読書状況 読み終わった [2015年4月24日]
カテゴリ 漫画

主役の記憶がよみがえったらどうなるのかが楽しみです。

2015年4月24日

読書状況 読み終わった [2015年4月24日]
カテゴリ 漫画

さくさく読める!という感じではありません。冊数が多く若干中だるみ感がありました。しかし、クラス裁判は斬新に感じ、生徒のそれぞれに視点を当てて「悪」を決めつけないところがよかったです。
また、最終巻にはハードカバー本には載っていなかった描き下ろしの番外編があります。
その後の主役の姿を知ることができるので、この作品に興味がある方は文庫本をお勧めします。

2015年4月24日

読書状況 読み終わった [2015年4月24日]

谷さんの作品は小学生の時から読んでいるのですが、幼い頃はあまり共感できなかったけど大人になって読むとすっと心の中に入る作品だと思いました。
絵も昔と変わらないのはすごい!
ほっこりしたい方にはおすすめです。

2015年4月24日

読書状況 読み終わった [2015年4月24日]
カテゴリ 漫画

アニメ化を記念して現在出ている巻数をすべて読破しました。
青春学園ものでありえない設定だらけだけど週刊誌としては読みやすいし中々面白いと思いました。

2015年4月24日

読書状況 読み終わった [2015年4月24日]
カテゴリ 漫画

デンマークの作家さん。
冒頭は「その女アレックス」と同じような感じです。海外小説は回りくどいというか説明が多いというか…若干小説の世界に入りづらいですが、推理小説として面白いのではないかと思います。

2015年4月24日

読書状況 読み終わった [2015年4月24日]
カテゴリ 海外小説

あらすじから展開はわかりきっているけど、作者の方が好きなので買ってみた・・・・うん。やっぱり微妙でした。別に買う必要はないかな・・・

2015年4月24日

読書状況 読み終わった [2015年2月17日]
カテゴリ 漫画

残酷描写が多々でてくるため、注意。
ページをめくるにつれアレックスが過去に体験したこと、なぜそのような行動をしたのか明らかに…
外国小説は苦手だったのですが、この小説はすごく読みやすかったです。

2015年2月17日

読書状況 読み終わった [2015年2月17日]

中野ブロードウェイの4階に『琥珀クリニック』を開業する自称天才精神科医・白旗。そこで働くこととなった、記憶喪失の男・灰田。灰田は他人の脈に触れるとその人が抱える欲望が見えると言う特異体質を持っていた。その力を使って白旗はクリニックへ訪れる患者を診察するが、何故か診察した患者の全員が次々と殺人事件の被害者なっていく。

事件の犯人はわかっても、犯人が捕まることも、追いつめられることもありません。続編を作ろうと思えばできそうな感じ。
話自体はとても読みやすいです。クリニックに訪れる患者の精神分析がとても面白かったです。

2014年4月25日

読書状況 読み終わった [2014年4月25日]

若干小説・・・と言っていいものか迷ってしまいますが、架空の話でも戦時中の話を知らない人にとっては身近に感じることができる作品だと思います。きれい事、偽りだという感想を抱かれている方も多いようですが、読んでいて私は泣けました。

2013年12月25日

読書状況 読み終わった [2013年12月25日]
カテゴリ 小説(戦争)

出てくる女性陣の感情に若干いらだちや腹立ちさを感じるけど、気持ちのまっすぐさが何とも言えません。
またやはり余一の眼力の素晴らしさに脱帽です。

2013年12月25日

読書状況 読み終わった [2013年12月25日]
カテゴリ 時代小説

「きものの始末屋」こと余一。古着の染み抜きから仕立て直しまですべて一人で行ってしまう職人。
口数が少なく頑固だけど着物を通して人の思いを繋げていく余一の姿に惚れます。

2013年12月25日

読書状況 読み終わった [2013年12月25日]
カテゴリ 時代小説

途中まで少年の正体に気付けなかったぁぁ~!!
アクションものでスカッとしますが、物語の世界に入るまで若干時間がかかりました。

2013年10月24日

読書状況 読み終わった [2013年10月24日]
ツイートする