“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)

4.31
  • (151)
  • (93)
  • (52)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 1069
レビュー : 81
著者 :
制作 : 竹岡 美穂 
ramushutoumiさん    読み終わった 

今回の題材は夏目漱石の「こころ」
大好きな作品なので、物語も理解しやすかったです。
自分のエゴな行いに、生涯、悩み苦しんだ先生。
悪人でも特殊な出生でもなんでもない、ごく普通の「先生」の悩みだから誰でも共感出来るのだろう、という言葉になるほどと思いました。
でめ、どれだけ報われないようなことが登場人物たちに起こっても、そこから希望を見いだせるラストに繋げる野村先生は、本当にすごいなぁと思います。

もう1つ題材はチェーホフの「櫻の園」
心葉の卒業でした。
菜乃ちゃん、本当成長しましたね!
姫の言う通り、明るくて優しくて度量の広いいい女になるよー!

レビュー投稿日
2013年8月4日
読了日
2013年8月4日
本棚登録日
2013年8月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通...』のレビューをもっとみる

『“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする