“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)

3.92
  • (130)
  • (163)
  • (144)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 1405
レビュー : 89
著者 :
制作 : 竹岡 美穂 
ramushutoumiさん    読み終わった 

久しぶりの文学少女シリーズ!
やっぱりいいなぁ!
古典文学や名作と呼ばれた本をよみたくなりますね!

今回は近松門左衛門の「曽根崎心中」がテーマになっています。
愛し合った二人は優しくない現実にも負けたけど、自分の心にも負けたんです!
という菜乃ちゃんの言葉に胸を撃たれました。
生きていたらきっとまた幸せになれるかもしれないから!
私はハッピーエンドを信じます!
って明るく前向きに語った菜乃ちゃん。

この作品は読み終わった後、優しい気持ちになれて、明日への希望に満ちていく明るい気分にしてくれる所がお気に入りです。

レビュー投稿日
2013年8月2日
読了日
2013年8月2日
本棚登録日
2013年8月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通...』のレビューをもっとみる

『“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする