妖精国(アルフヘイム)の騎士 (1) (秋田文庫)

3.86
  • (10)
  • (5)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 8
著者 :
sakinoさん Comic   未設定

基本的には、ルシリスの乙女・ローゼリィの物語…なのですが、
主役級だけでなく、脇役キャラの1人1人が立ってるので、
お語に広がりがあり、重みを感じます。とにかく長く壮大な物語です。
本編と番外編で物語は完結していますが、
現在、続編的作品「ロビン」をYahoo!サイト内のコミックフレアで連載中です)。
-----------------
アルフヘイムの双子の兄妹、ローゼリィとローラント。
妹姫のローゼリィは、凶運を持つルシリスの乙女。兄王子のローラントは、シルヴァンの騎士だった。
父王の友人でもある隣国ロリマーの王の裏切りにより、アルフヘイムは滅ぼされてしまう。
ローゼリィは逃げ延びる途中で負傷するが、妖精王に拾われ、妖精の住む森の住人となる。

レビュー投稿日
2007年3月3日
本棚登録日
2007年3月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『妖精国(アルフヘイム)の騎士 (1) (...』のレビューをもっとみる

『妖精国(アルフヘイム)の騎士 (1) (秋田文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする