統計学が最強の学問である

3.48
  • (253)
  • (635)
  • (658)
  • (186)
  • (47)
本棚登録 : 6897
レビュー : 744
著者 :
sakmegさん 本・雑誌   読み終わった 

・日本語の書き方が美しい。読点の位置が論理的であり、日本語を書くときの参考になりそうだ。
・ビッグデータ解析はIT企業が新しく自社製品を売り込むための文句として流行っているのであり、統計学を理解していればサンプルをランダムに抽出したランダム解析で十分調べることができるため、ビッグデータの解析は不要という一文に面食らった。IT企業で働いていたので。そもそも全てを調べる必要がないという事実が衝撃的だった。
・データマイニング、回帰分析などのいくつかの統計的手法は、要素の相関は分析しても、因果関係を証明する手法ではないため(AとBの間に強い相関があったとしても、それはAならばBであることと同意ではないということ)、その点留意しなくてはならない。
・「最善」と「全力」は違うということは私も常に気をつけたい。

正直、読んでいて眠くなったのは、私が頭悪いかもしれない。
良い本だと思ったけれど、期待値を超えるほどの本ではなかったかな。。

レビュー投稿日
2019年2月9日
読了日
2015年9月7日
本棚登録日
2019年2月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『統計学が最強の学問である』のレビューをもっとみる

『統計学が最強の学問である』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

西内啓の作品一覧

西内啓の作品ランキング・新刊情報

ツイートする