ふくわらい (朝日文庫)

3.62
  • (101)
  • (171)
  • (169)
  • (45)
  • (11)
本棚登録 : 1924
レビュー : 213
著者 :
NORISさん 文庫   読み終わった 

人を知るってどういうことなのか。
幼いころからの言動から察するにちょっと自閉傾向があると見受けられる主人公が、ちょっと世間からずれたマイペースなまま長じて編集者になり、同僚や変わり者の作家たちとの交流を通して少しずつ周囲の人に心をひらいていって、世界とのつながりを見出す物語。と思って読むと、すごく腑に落ちる感じだった。父親、プロレスラー兼作家、盲目のイタリアハーフの男、と強烈に個性のある人物が次から次へでてくるのに惑わされるが、主人公の個性を受けとめはしても腫れ物にさわるように遠巻きにする善意の人々ではなく、こうしたエキセントリックな人物たちが主人公に対して遠慮無く自分の思いをまっすぐにぶつけることではじめて人とのつながりが生まれるのだなと感じ入った。

レビュー投稿日
2015年10月11日
読了日
2015年10月11日
本棚登録日
2015年9月6日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ふくわらい (朝日文庫)』のレビューをもっとみる

『ふくわらい (朝日文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする