天使の梯子 Angel's Ladder (集英社文庫)

3.58
  • (153)
  • (308)
  • (451)
  • (39)
  • (8)
本棚登録 : 2416
レビュー : 200
著者 :
制作 : 小瀧 達郎 
ichicaさん 2013年11月   読み終わった 

これも、「卵」どうように、今回が初めてではない。読んだのはハードカバーが出版されてすぐだったから…2004年か。歩太たちにとっては10年後、わたしは3年後の、再会だった。
10年経ってなお、責めを負って生きてきた夏姫と、未だ心は春妃とともにある歩太、そして夏姫が教師をしていた頃の教え子である慎一。慎一と夏姫の年の差は、歩太と春妃の差そのままだった。
時が経つことの意味は、こうして知るのかもしれない。忘れられないことなんて山のようにあるし、後悔し続けることもあるけれど、それを負うことが答えだと自分で見つけてしまったら、時と共に責と共に、生きていくしかないのだ。自分で自分を解き放ってあげられる、その瞬間に出会うまで。
読み返しているのに、初めて読むわけではないのに、不思議なほど心が打たれる。「打たれる」というのがこういうことなんだと、この「天使」シリーズを読むと実感させられる。

レビュー投稿日
2013年11月16日
読了日
2013年11月16日
本棚登録日
2013年11月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『天使の梯子 Angel's L...』のレビューをもっとみる

『天使の梯子 Angel's Ladder (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする