白桜四神 恋の病は四六時中! (角川ビーンズ文庫)

3.72
  • (6)
  • (12)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 6
著者 :
制作 : 硝音 あや 
sakuraさん ライトノベル   読み終わった 

シリーズ4巻目。
青丞とお見合いした事で「里桜姫」が絶世の美姫という噂が宮中に広がり、騒ぎを収める為に帝の提案で里桜姫争奪戦が繰り広げられる事になります。

今巻では、氷の貴公子と呼ばれる青丞の観察眼が伊達じゃない事が証明されます。
4巻のキャッチコピーは、
「違いの分かる男、青丞」
でしょうか。
「恋は盲目」状態にならないで、入れ替わった里桜と都桜の違いに疑問を抱き白桜に詰め寄ってきます。

一方、白桜も生来の勘の良さと知能をフル回転させ、帝を前にして臆さずに駆け引きを成功させます。
やっぱりヒロインが知性を見せてくれると嬉しくなります。
白桜がただの根性だけで乗り切る姫君じゃなくて良かった…!

鵬玄も自分の想いを自覚し青丞にライバル宣言したり、姉の都桜も青丞の里桜に対する想いの強さに一旦は身を引き田舎に帰る事にしたりと、サブタイトル通りあちらこちらで色恋沙汰が半端ないです。
最後にようやく白桜も尊敬と憧れを抱いていた青丞への気持ちが恋心だと気付きますが、帝の命令で白虎家の里桜として内裏に上がる事になってしまいます。
次から次へと大ピンチになる展開が面白くて、次巻も楽しみです!
…そういえば、表紙で白桜と青丞が持っている鈴は本編中に出てくるのかと思ったら特に何もありませんでした。
この鈴は一体?
白桜が青色のリボン、青丞が桃色のリボンというのが、まるで2人が交換したように思えて、青丞が手にしてると文と併せて妄想が止まりません。

レビュー投稿日
2014年12月10日
読了日
2014年12月10日
本棚登録日
2014年2月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『白桜四神 恋の病は四六時中! (角...』のレビューをもっとみる

『白桜四神 恋の病は四六時中! (角川ビーンズ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

伊藤たつきの作品一覧

伊藤たつきの作品ランキング・新刊情報

ツイートする