クールな御曹司は甘い恋をご所望です (マーマレード文庫)

著者 :
  • ハーパーコリンズ・ジャパン (2019年2月14日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 1
3

Kindle版読了。

お菓子作りが趣味の、奥手で控えめで優しく芯の強い25歳OLヒロインと、ヒロインが勤務する会社の有能な御曹司で職場では常にクールだけど本当は甘い物好きな32歳専務ヒーローとのオフィスラブストーリーです。

挿絵はなく、H描写もないベリーズ文庫と同じ少女小説レーベルになります。

年齢差7歳のカップルです。

ヒロインの趣味はお菓子作りで、プロ級の腕前です。
ある日、姉が開いている料理教室のアシスタントしてジュニアクラスを手伝いにいくと、姪と甥の保護者として同席していた会社の御曹司ヒーローと偶然出会います。
会社でのクールな態度と近寄り難い雰囲気とは違い、優しい笑顔で姪と甥の面倒を見る実は甘い物好きというヒーローに、ヒロインは惹かれていきます。

…ヒロインの性格が、奥手で控えめで優しくて料理上手で芯が強いというのが、理想の大和撫子だなと思いました。
そんなヒロインなので、ヒロインから先にヒーローにアプローチする事はないと思っていましたが、ヒーローが予想外に積極的に告白してきたので、そんなに肉食系には見えなかったので少し意外に感じました。

ヒーローから告白されてヒロインも1週間は悩んでいましたが、すんなりと両想いになり前半で早々に恋人同士になります。
仕事に忙しい御曹司ヒーローですが、ヒロインを溺愛している様子が良かったです。

初Hは交際が始まってから一ヶ月後で、朝チュン描写でした。

ヒーロー視点あります。
余裕そうに見えるヒーローも、内心はヒロインにドキドキしている事が分かります。

ヒロインとヒーローは早々に恋人同士になりましたが、中盤以降はヒーロー祖父にヒロインとの交際を暗に反対するような事を告げられたり、ヒーロー叔父の絡んだ会社の横領事件にヒロインが巻き込まれたりというシリアス展開が待っていました。
個人的には後半の展開が、前半のお菓子中心の可愛らしい展開とギャップがあり過ぎて残念に思いましたが、ラストは無事に婚約して甘々な雰囲気で終わっていました。
ヒロインの「人の顔と名前を覚えるのが得意」という特技が、事件解決に役立っていたのが良かったです。
後半からは登場しなくなった可愛いヒーロー姪と甥を、ラスト近くでまた見たかったです。

登場したお菓子はどれも美味しそうでした。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ライトノベル
感想投稿日 : 2019年4月13日
読了日 : 2019年4月13日
本棚登録日 : 2019年2月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする