46番目の密室 (講談社文庫)

3.49
  • (232)
  • (388)
  • (896)
  • (50)
  • (12)
本棚登録 : 3103
レビュー : 361
著者 :
制作 : 綾辻 行人 
sakurainaoさん  未設定  読み終わった 

火村英生×有栖川有栖シリーズの第1作目です。二つの密室、二つの殺人。誰が犯人か。どうやって密室は作られたのか。密室=難解と思ってしまう私の前で、火村英生がさらりとベールをはいでいく様は目から鱗でした。ただ、登場人物同士の恋愛模様が幾重にもあって、読んでてちょっと混乱します。女性も姓呼びと名呼び、両方書かれてるので、それも混乱しました。でも最後全てが繋がった時には、すとんと落ちて来ました。二人の出発点。楽しめました。

レビュー投稿日
2018年1月18日
読了日
2018年1月18日
本棚登録日
2018年1月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『46番目の密室 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『46番目の密室 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする