アジアを歩く―灰谷さんと文洋さんのほのぼの紀行 (エイ文庫)

3.95
  • (4)
  • (11)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 10
制作 : エイ出版社編集部 
ゆきさん  未設定  未設定

10年前に亡くなった灰谷健次郎さん。
沖縄在住でアジア好きと知っていたけど、石川文洋さんとの共著があったとは。
石川文洋さんのことは、先日ホーチミンの戦争証跡博物館を訪れ、彼の写真のコーナーがあったことから知りました。

アジアが好きで、旅は大体アジアだとおっしゃる灰谷さんの、常に弱者の側に寄り沿う姿勢、あったかい人柄がよくわかる。
特に子どもを見つめる目が本当に優しい。
ラオスでダウン症の子どもがいて、子どもたちのその子への接し方がいい、と。子どものそうした態度は大人の態度が反映される、とか。
子どもたちと関西弁でやり取りしているのが面白い。

遺書も収録されていた。
精一杯愛し、愛された。悔いはない(ちょっとはあるか)。というようなことを書かれていた。
素晴らしい方でした。

レビュー投稿日
2016年9月7日
本棚登録日
2016年9月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アジアを歩く―灰谷さんと文洋さんのほのぼ...』のレビューをもっとみる

『アジアを歩く―灰谷さんと文洋さんのほのぼの紀行 (エイ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする