Love That Dog: A Novel

3.95
  • (6)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 6
著者 :
sallieさん YL3-4   読み終わった 

詩なんて書きたくない!
だって、女の子が書くものだもん!

詩が嫌いな男の子、Jack。
「書きたくない」と言いながら、
実は自分でも気付かぬうちにそれが詩になっていたりw

そんな彼が、授業で色々な詩を学んでいく中で
詩の面白さに気付き、自分の気持ちや大好きだった犬のことを
詩にしていきます。

私も詩を書くの苦手なんですよねぇ…。
小学生の時、いやに詩を書く授業が多かった気がします…
そのたびに、なぜか詩じゃなくて、
どうしても文章になってしまって、
イマイチ書き方が分からなかった記憶があります(苦笑

この作品は、Jackが先生に提出するレポート(?)形式、
それも詩のように短く書かれていて、
説明もなく、文章はものすごくシンプルです。
最初は、主人公がJackという名前で、
詩が嫌いということしか分かりませんが、
読んでいくと、少しずつ彼のことが分かってきます。
ちょっと違いますが、
「Dear Mr. Henshaw」を思い出しました。

レビュー投稿日
2011年5月24日
読了日
2011年5月13日
本棚登録日
2011年5月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Love That Dog: A Nov...』のレビューをもっとみる

『Love That Dog: A Novel』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『Love That Dog: A Novel』にsallieさんがつけたタグ

ツイートする