Oxford Bookworms Library: Level 3:: The Crown of Violet (Oxford Bookworms ELT)

著者 :
  • Oxford University Press (2008年1月3日発売)
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 2
5

○あらすじ

舞台は古代ギリシャのアテネ。

Alexisは、ソクラテスの考えに感化され、

彼の考えを盛り込んだ劇の台本執筆を始めます。

しかし、その途中で彼はアテネの民主主義に反対する人たちが

反乱計画を立てていることを知り、

友達のCorinnaとその計画の内容を探り始めます。

(あらすじは参考程度にお願いします。)


☆感想☆

最近読んだGRの中では、「Brat Farrar 」と同じくらい良かったかもww

読んでいて、あまりGRという感じがしませんでした。


ストーリーは、反乱(革命?)計画を暴いていくところが主になっていますが、

ソクラテスの考え方や当時の様子、男尊女卑だったところなどが、

しっかり盛り込まれていて、興味深かったです。

途中で、暗号解きもあったりしますww


この時代のことは、

MTHシリーズ#16「Hour of the Olympics 」にも描かれているので、

派生本にも良いかと。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: OBW3
感想投稿日 : 2010年6月22日
読了日 : 2010年6月22日
本棚登録日 : 2010年6月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする