すごい廃炉 福島第1原発・工事秘録<2011~17年>

3.17
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 65
レビュー : 6
制作 : 日経コンストラクション  木村駿 
saltuscafeさん  未設定  読み終わった 

福島第一原子力発電所の廃炉に向けた取組みの現場の息遣いが伝わってきた。途方もない数の課題を1つ1つクリアして前に進んでいかなければ廃炉はできない。そのために、危険と隣り合わせの作業に従事している人たち、英知を振り絞っている人たちがいるということを忘れてはいけないと思った。

一方で、発電所のまわりの立ち入り禁止区域の、時が止まったような街の写真と廃炉作業の現場の写真の対比にも、心が痛んだ。原発事故のために立ち入り禁止区域になり、その街を取り戻すために廃炉作業が行われているはずなのに、廃炉へのあまりに遠い道のりと徐々に日常の面影を失っていく街の間で、やはり取り返しのつかないものが失われてしまったのではないかと、感じざるを得なかった。

廃炉の作業は、この国の経済・産業の仕組みがもたらした一つの帰結であり、我々が向き合わなければいけない課題だと思う。継続的に見続けていかなければいけないことであり、その意味でも、改めて廃炉のプロセスに光を当てた本書は非常に意義深い本だと思う。

レビュー投稿日
2018年4月30日
読了日
2018年4月26日
本棚登録日
2018年4月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『すごい廃炉 福島第1原発・工事秘録<...』のレビューをもっとみる

『すごい廃炉 福島第1原発・工事秘録<2011~17年>』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする