ディスコルシ ローマ史論 (ちくま学芸文庫)

4.39
  • (14)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 220
レビュー : 10
さめさん ちくま   いま読んでる 

本文650ページ+訳注・解説など100ページ。
全142章、1章あたり5ページほど。
訳良し。


以下に6章まで、雑な要約を書いた。参考に。
--------------------------------------------------------------------------------


【1章】 都市の起源
○都市国家の創設者の力量は、土地の選定と法整備により試される。
○不毛な地は人々は勤勉になり、団結し国内不和も起こらないので良い。
○自然の安全保障を得られない、かつ他を支配するつもりがないのなら豊かな地を選ぶのが賢明だ。
  土地の恵みで人は惰弱になる。強い法規制及び軍事教練が必要。
○厳しい法がローマ人を縛り、土地の豊饒さ・海の便宜・度重なる戦勝によっても人々が腐敗することはなかった。ヴィルトウ維持の所以である。


【2章】 共和国の種類
○政体には君主政、貴族政、民主政があり、順序立って堕落する。

  君主政⇒僭主政 相続による君主は堕落を憎悪され、攻撃的になる
              いずれ打倒され、彼に代わる人々が政府をつくる
  貴族政⇒寡頭政 有力者が集い、僭主の例を踏まえて善政
              彼らの子孫たちは君主と同様に堕し、覆される
  民主政⇒衆愚政 君主も有力者もいない政府が成立。長続きせず
              秩序維持できず、人々は勝手放題に。君主政へ

○何度もこのような循環を繰り返してなお、生存できる国など存在しない。まず活力を保てないし、隣国に吸収されるだろう。
○最初の三つの良き政体のもつ性格を包含する政体をつくるのが堅実だ。なぜなら一つの都市に君主政、貴族政、民主政があれば互いに牽制しあうから。
○ローマでは国王が追放された後、二人の執政官を置いた。ローマ政府は執政官と元老院から成るようになった。それは君主政と貴族政の混合と言えたが、民主政の要素がないためにローマ貴族は平民に対し横暴になる。平民の権利を守る護民官制度が創設されるや、三者が交わりローマ政体は完全となった。


【3章】 護民官制度へのいきさつ
○ローマ貴族は国王追放にあたって民衆の支持を必要としたが、事後は平民の離心もなんのその。国王という拘束具がとれ、横暴だった。
○貴族の横暴を抑えるため、大権と栄誉ある護民官が考案され機能する


【4章】 平民と元老院の対立による自由獲得
○国家の運営には幸運と軍事力を必要とする。
○軍事力をうまく保つには、よい秩序という裏付けを必要とする。
○護民官成立に至るまでに起こったローマの内紛において、その程度は軽く、公の自由に役立つ法律と体制が整備されている。このようにしてできた統治法に不満がある人は内紛のマイナスに気を取られ過ぎている。内紛が護民官の成立の原因であるなら、内紛さえも評価されるに足る。


【5章】 貴族と民衆のどちらが自由を保護できるか
○どちらとも言えない。ローマでは護民官に権力を託すようになると平民は2人の執政官のうち平民出身が1名だけでは満足できないようになった。監察官、司法官など相次いで平民の下に起きたがり、激情の赴くまま貴族打倒の闘士と考えられる人物を持ち上げて偶像視するようになった。ために、権力をほしいままにするものが生まれてローマ崩壊のもととなった。


【6章】 
○スパルタは移民を受け入れなかったので、国民が彼らに染まって堕落することがなかった。人口は少なく、法制が優れていたので支配が容易。
○ヴェネチアは移民で人口が増えても、古株の多くの国民が平民の名で行政参加していたので支配層と被支配層の均衡を保てたので安定。
○上記2国のような国では国土拡大は害にしかならない。必要以上の軍事力は不要にセキュリティジレンマを呼び起こす。
○ローマはヴェネチアと違い平民に武力を与え、スパルタと異なって移民を認めたため多くの騒動の種をまいた。しかし、この世は一つ悪いものを取り除くと別の都合の悪いことが生じるのであるから、重要なのは実害を小さく留めることだ。ローマの偉大な発展は内乱によってもたらされた。

レビュー投稿日
2011年3月30日
本棚登録日
2011年3月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ディスコルシ ローマ史論 (ちくま学芸文...』のレビューをもっとみる

『ディスコルシ ローマ史論 (ちくま学芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ディスコルシ ローマ史論 (ちくま学芸文庫)』にさめさんがつけたタグ

ツイートする