ひとひら 3 (アクションコミックス)

3.49
  • (19)
  • (18)
  • (69)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 263
レビュー : 13
著者 :
砂海原裕津さん コミックス   未設定

アニメ化しましたね。「コミックハイ!」で大人気連載中の作品です。
緊張すると声が出ない主人公「麻井麦」。極度のあがり症で、人前で話をすることが苦手。
なのに、演劇研究会に入部させられてしまいます。
お話は、麦の心理と、周りの人々の心理を、うまく転換させながら表現しています。
麦の成長物語、とだけでは、言い表せません。
なんていうのかな、高校の部活動の一こまを、リアルなタッチで描いている、そんな感じです。
麦の入部、演劇研究会と演劇部の確執、部長同士の秘話、仲間割れ、融和。
すごく懐かしく、また新鮮な気持ちになれる、不思議な物語です。

3巻で演劇研究会が解散し、その後を描いています。
麦にとっての大親友が、留学する、と告げられ、麦は困惑しています。
高校のときって、そういう進路に関しての悩みってありますよね。
誰もが、高校を卒業したら、それぞれの進路に向かって歩みます。
麦にはまだそれが理解できなかったのかもしれません。
高校1年生ではわからなかったのかも。
でもいつかは訪れるんですよね。
そこを麦がどう乗り越えるのか。
次巻が楽しみです。

レビュー投稿日
2007年1月12日
本棚登録日
2007年1月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ひとひら 3 (アクションコミックス)』のレビューをもっとみる

『ひとひら 3 (アクションコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする