じぶんというもの - 金子光晴老境随想 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社 (2016年2月23日発売)
3.44
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 41
感想 : 8
4

明治から昭和にかけて生き抜いた人だから言える言葉がある。戦争の気配に対する危惧のようなものをきちんと伝えているように思う。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: その他
感想投稿日 : 2017年12月18日
読了日 : 2016年3月30日
本棚登録日 : 2017年12月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする